ワーキングホリデー

オーストラリアのワーホリに必要な英語力は?上達のコツも伝授

オーストラリアの母国語は英語。

Can you speak English?

と聞かれ、あなたはどれだけ胸を張ってYes!と答えられますか?

日本語を母国語とする私たち日本人にとっては、英語って少し難易度が高いと思われていますよね。

日本にいる限り、限られた人しか日常生活で使う機会はない英語。

そんな私たち日本人がオーストラリアでワーキングホリデー(通称:ワーホリ)を楽しむために必要な英語力はどのくらいなのか、また英語力上達のコツも、実際にワーホリを経験をした私が伝授いたします!

 

オーストラリアのワーホリに必要な英語力は?

question (1)

オーストラリアにワーホリに行くにあたり、英語力はどのくらい必要なのでしょうか?

私の経験からですと、はじめは英語力ゼロでも大丈夫!

渡豪後に最初に住む場所や語学学校探しを日本にいるうちに日本のエージェントにお願いして手伝ってもらい、オーストラリアに旅立って学校でできた友人にその後の相談をすればOK!

空港でのやりとりは事前にスマホで調べて実践すれば何とかなりますし、現地でのやりとりも、よく市販で売っている『指さし英会話』の本や、お手持ちのスマホに英語訳アプリを入れておけば、大抵のことは解決できます。

また、オーストラリアは日本人に人気の国ですので、都市部であればたいてい日本人がいますので何か助けを求めたいときは日本人らしき人に日本語で話しかけてみれば、誰かしら手を差し伸べてくれるでしょう。

現地での生活に慣れてきたら、仕事もしてみたいですよね。

ほとんど英語が話せない日本人でも、オーストラリアで人気な寿司屋さんなど通称ジャパレスと呼ばれている日本食レストランや、マッサージのお店で働いている方も多くいましたよ。

しかし、せっかく海外に行くのであれば、自分で外国人に話しかけてコミュニケーションをとったり、英語で冗談を言って笑ったりしたい!

ある程度の英語力を持っていた方が、仕事を探したり、旅行をしたり、お店のスタッフと話したりとあらゆる場で英語でのコミュニケーションを楽しむことができ、現地で自分がしたい経験を手に入れるための幅が広がります

 

ワーホリのための英語力上達のコツ

english (1)

せっかくワーホリに行くなら、ネイティブのように英語をペラペラ話して、現地の人とかっこよくコミュニケーション取りたいなぁって誰でも思いますよね。

英語力ゼロの方でもワーホリを楽しむことはできますし、現地の方とやりとりをすることもできますが、意識していないと英語力を上達させることはできません。

そこで、オーストラリアでのワーホリで英語力を上達させるコツを伝授したいと思います!

 

上達のコツ(共通事項)英語を話す

talk (1)

当たり前ですが、一番大切な上達のコツは英語を実際に話したり使ったりすることです。

近年、オーストラリアは日本人に人気が高く、都市部に住んでいれば日本人に合わない日はないくらい町中には日本人がいます。

 

日本人が多い=困ったときに日本語で助けを求めやすい

 

ではありますが、考え方を変えると

 

日本人が多い=日本語を話す環境があふれている

 

ということ。自分から日本語を使う環境を避けない限り、簡単で安心できる日本語でのコミュニケーションを私たちは求めてしまうのは当たり前。

特に英語力に自信がないとつい日本人同士で遊びに行ったり行動したりしてしまいがち。

日本人同士はもちろんわかりあえて楽しい事も多いですが英語力を上達させるためには是非日本語を使う環境は避けていきましょう!

 

上達のコツ① 住む環境に日本人がいない場所を選ぶ

roomwhite

寝食を共にすることになる住む環境はとっても大事。

是非日本語を話さなくても良いように、日本人が少ない住居環境を選びましょう。

お金にゆとりのある方は、オージーの家に数か月間ホームステイをして、常に家族として一緒に行動させてもらうだけで上達の速度がぐーーーんとアップします。

一緒にTVで映画を観ていたとしても、観ながら感想を話し合ったり、わからない内容を聞いてみたりすることで、知らない間に英語の練習になりますよね。

ホームステイをするほど金銭的な余裕がない!という方は、シェアハウス

シェアハウス探しの際ももちろん日本人がいない、または少ない家を選ぶようにしましょう。

英語ペラペラな人とだけでなく、お互いカタコトしか話せない人とだとしても、分かり合いたいという気持ちで苦戦しながらなんとか英語でコミュニケーションをとっていくことで、自然と英語力がついてきますよ

 

上達のコツ② 現地で語学学校に通う

deskworking

現地で語学学校に通うのは鉄板の上達方法ですね!

どの語学学校も英語力が高い生徒も全く話せない生徒も自分の力量に合わせた授業を受けることができ、各学校カリキュラムやクラス編成が工夫されているため、事前に自分に合った学校を下調べしてみましょう。

日本人の在籍割合が少ないと言われている語学学校でも、まったくいないということはなく、特に英語力が低いクラスには必ず日本人がいるようです。

そのため、語学学校を選ぶうえで特にオススメなのはイングリッシュオンリーポリシー(母国語禁止)を掲げている学校を選ぶこと。

授業中はもちろん、休み時間なども母国語を禁止されているため、日本人同士でも英語でやりとりをしていて、最初はちょっと違和感のある光景です。

実際に私はオーストラリアで2か所の語学学校に通ったことがありますが、

母国語禁止=英語力向上の意識が高い生徒や熱心な先生が多い

ように感じました。

始めは本当に嫌になるほど日中は常に英語ばかり話していられるので、上達のスピードは格段に上がりますよ!

 

上達のコツ③ 休日や放課後は日本人以外と遊ぶ

friends (2)

さぁ。日本人の少ない家に住み、英語しか話さない語学学校に通ったら、あとは休日や放課後の過ごし方です。

ここまで何度もお伝えしてきましたが、ワーホリで英語力を上達させるコツは日本語を使う環境から離れて英語を使うことです。

休日や放課後も語学学校やシェアハウス等で仲良くなった海外の友人を誘って遊びに出かけたり、ホームパーティをしたりしましょう

あまり日本にはない習慣かもしれませんが、ホームパーティやBBQをする際は、気軽にそれぞれが自分の友人や家族を連れて来て、交流の輪が広がることが多々あります。

いろいろな国の人たちが話す癖のある英語を聞いてコミュニケーションを取っていくうちに、自分の耳も脳も英語に慣れていきますよ。

 

裏技:ワーホリ前にフィリピンの語学学校に通う

fillipine

私がワーホリ期間中に出会った日本人の中で結構多かったのが、オーストラリアにワーホリに来る前にフィリピンの語学学校に1~2か月間通ってきたという日本人。

そして彼らみんなが口をそろえて言うのは

 

ワーホリ前にフィリピンで英語を勉強してきてよかった

 

ということ。

話を聞いてみると、オーストラリアに比べてフィリピンの語学学校は非常に安いにも関わらず、とても濃密な英語学習カリキュラムとなっているので、英語が全く話せなくても短期間で基本的なコミュニケーションをとることができるようになるとか。

確かに、ワーホリ期間中、英語力を伸ばすことを目的に語学学校に通っている期間を、仕事や遊び、旅行など別の経験を積むことに当てると、限られたワーホリをより自分らしく楽しむことができそうですよね!

より短期間で安く効率よく英語力を上達させたいというそこのあなた!

ワーホリ前にフィリピンで語学留学することも検討しましょう。

 

まとめ

それでは今回の記事『オーストラリアのワーホリに必要な英語力は?上達のコツも伝授』のまとめです。

オーストラリアでのワーホリは

  • 英語力がゼロでも楽しむことは可能!
  • ただし英語力があればもっと楽しむ幅が広がる!

英語力を上達させるコツは

  • 英語を使う!(日本語を使う環境を避ける)
  • ホームステイや日本人のいないシェアハウスを選ぶ
  • イングリッシュオンリーポリシーの語学学校に通う
  • 休日も海外の友人と遊ぶ
  • ワーホリ前にフィリピンの語学留学をする

自分の英語力に自信がなくても、オーストラリアでのワーホリを楽しむことは可能です。

しかし、英語力があればあっただけ現地での生活をより自分が望むように充実させることができますので、渡豪する前や、ワーホリ生活が始まってから、どんどん意識的に英語を使って英語力を上達させていきましょう!

 

それでは今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です