ワーキングホリデー

オーストラリアのワーホリで最初の1カ月にかかる費用は?節約方法も!

突然ですが、質問です。

あなたの貯金残高はおいくらですか?

…!?

胸を張って1000万円といえる人はこちらの記事を読んではいないでしょう。笑

以前の記事でもお伝えしましたが、ワーキングホリデー(通称ワーホリ)とは、他国の文化や生活を経験するために長期滞在できるとっても便利な制度のことであり、ワーホリ中は学校に通ってもいいし、旅行してもいいし、働いてもいいし、自分が海外でやりたいことに挑戦するのにもってこい!の環境ですね。

しかし、いざワーホリに行くとなるとお金がいくら必要なのか気になるところ。

先ほど自分の貯金額を確認してから開いた口が塞がらず眉間にしわが寄ったままのあなたのために、今回は現地に着いてから最初の1カ月でかかる費用について詳しくお伝えしちゃいます。

また、いろんな事情でお金を節約したい方に向けて、オーストラリアのワーホリならではの節約方法もこっそり教えちゃいますのでお楽しみに。

 

ワーホリで最初の1カ月にかかる生活費用

では早速、オーストラリアに着いた最初の1カ月でかかる費用についてお伝えしていきます。

わかりやすいように、生活費を以下のように分類してみました。

1か月で掛かる生活費品目の例

  • 家賃:シェアハウス、ホームステイ、バックパッカーetc
  • 学費:語学学校に通うかどうか
  • 食費:自炊?ホームステイ先?外食?
  • 通信代:SIMパック契約?レンタル?プリペイドカード?
  • 交通費:学校や職場にどうやって通う?
  • 娯楽・交際費:友人とカフェや夜遊び、週末のお出かけetc
  • その他

日本に住んでいても人それぞれ生活費が全く異なるように、オーストラリアで生活するとしても、あなたがどんな選択をするかでかかる費用は変わってきます。

特に家賃と学費をどうするかで、大きく1カ月の生活費が変わりやすいかと思います。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

※1オーストラリアドル(記事では1ドルと記載)=75円 で計算しております。

 

家賃:シェアハウス、ホームステイ、バックパッカーetc

room

まずAUSに着いたら、あなたはどこに住もうとお考えですか?

オーストラリアでのワーホリの場合、大きく以下の2つのパターンに分かれやすいです。

  • ホームステイ
  • バッパーに泊まりながらシェアハウスを探して移動する

 

海外生活に慣れてなかったり英語力など不安が大きかったりする人ホームステイ最初に利用される方が多いです。

在日中に日本のエージェントに申し込みをしておくことで、AUSについて直ぐ住む場所や食事を提供してもらったり、生活面でわからないことを相談しやすかったりする安心感がありますね。

ホームステイは大体1週間240~350ドル程度かかり、この中に食費や光熱費なども含まれています。

さらに別途空港までのお出迎え料金(100~200ドル)手配料(200~300ドル)がかかる場合もあります。

一方で、到着してすぐは通称バッパーと呼ばれるバックパッカーに泊まり、見つかり次第シェアハウスに移動するという選択肢をとる方もいます。

ある程度、オーストラリアなど海外での歩き方に慣れている人や、現地に友人がすでにいる人なんかはこの方法もいいですよね。

バッパーの料金は、個室か大部屋かによっても変わりますが、一泊30~50ドル位かかります。

シェアハウスは、オウンルーム(個室)かルームシェア(2~3人部屋)かによって金額は変わり、立地や広さなどで金額も大幅に変わりますが、ワーホリの日本人が利用することが多いのは一人当たり1週間100~200ドル位が多いようです。

バッパーで1週間ほどかけてシェアハウス探しをし、その後シェアハウスに移動できた場合は、バッパー宿泊代30~50ドル×7日間とシェアハウス100~200ドル×3週間の家賃がかかります。

したがって初めの1カ月にかかる家賃目安は

  • ホームステイ     :約1300~1900ドル(約9万8000~14万3000円)
  • バッパー+シェアハウス:約500~700ドル(約3万8000円~5万3000円)

となります。

 

学費:語学学校に通うかどうか

オーストラリアで生活するうえで、英語力はかかれません。

英語でのコミュニケーション力があればあるほど活動の幅や自由度が格段にアップするため、最初の数か月間は語学学校に通って勉強する人が多いです。

人によって期間は様々ですが、オーストラリアのワーホリの場合、最大4ヶ月間学校に通うことができます。

語学学校の費用は

  • 通学日数・時間
  • 立地
  • カリキュラム内容
  • 講師の質
  • 学校設備の充実度

などによって多少変わってきます。

以下は大体の目安です

  • 入学金:約200ドル
  • 授業料:1週間約280~350ドル(1カ月約1120~1400ドル)
  • 教材費:約120ドル

合計 約1440~1720ドル (約10万8000~12万9000円)

学校に通うかどうかで約10万円の生活費が変わってくるのですね。

語学学校に通わずに英語を勉強する方法は他にもいろいろとあるかと思います。

しかし、学校で学ぶことで同じ志を持った仲間と出会えたりより効率よく学習することができますよね。

また、英語が流ちょうに話せコミュニケーションがスムーズに取れるようになると、より難易度の高い仕事に就くことができてお給料もしっかりといただけることもあったり、友人との交流の幅が広がったり、オーストラリアでの生活がもっともっと充実した濃いものになりやすいでしょう

 

食費:自炊?ホームステイ先?外食?

cook食費に関しては、あなたの住む場所によっても変わってきます。

まず、ホームステイを利用されている方は食費が費用に含まれており、平日の昼食代のみ自分で負担することが多いようです。

バッパーやシェアハウスを利用される方は、全ての食事は自分で用意する必要があります。

日本では吉野家の牛丼やオリジン弁当など手頃価格で美味しい外食をいただけますが、オーストラリアは日本よりも物価が高めで、外食すると1食あたり約10ドル以上かかることがほとんどです。

ということは、3食外食すると1日30ドル以上=2300円以上!!

お金に余裕のある方は外食でも良いかと思いますが、そうでもない方はできるだけスーパーで食材を購入し、簡単な食事を自炊した方が安くあがりますね。

例えば、学校でのランチは食パンにピーナッツバターを塗っただけのサンドイッチ+りんご1個なんていう人が結構多かったですし、他の国の友人が増えて来てからは自分の国の料理を持ち寄って友人たちと多国籍料理ランチパーティなんかも安くて楽しかったですよ。

したがって、一カ月の食費の目安は

  • 一カ月全食事外食:900ドル~ (約68000円~)
  • 自炊      :約300ドル~ (約2万3000円~)
  • ホームステイ利用者:昼食代のみ 約60~200ドル(約5000~1万5000円)

といった具合になるかと思います。

 

通信代:SIMパック契約?レンタル?プリペイドカード?

オーストラリアで生活するにあたり、友人や職場との連絡手段や娯楽として携帯を契約している人は多いです。

プランによっても変わりますが、通話・パケット代で30ドルくらいからあります。

また、日本と同じでプリペイド形式の携帯電話や、携帯電話本体・SIM等がそろったレンタルもあります。

Wifi環境については、シェアハウスやホームステイ、バッパーでも無料でWifi環境が整っている場所が多いです。

また、オーストラリアは公共の場でも無料Wifiを利用できる場所も多いので、日本から持参したスマホ類でLINEやSNSをすることもできて便利ですよ。

通信費 約30ドル~(約3000円)

 

交通費:学校や職場までどうやって通う?

住居と学校や職場への距離によって変わってきますが、交通費も毎日少しずつかさんできますね。

オーストラリアの都市部の公共交通手段としてはバスや電車が非常に発達しているので便利です。

都市部はコンパクトにまとまっていますので、歩こうと思えば歩けますし、パースでは無料のシティバスが巡回していたので、住む場所を工夫すれば交通費の節約もできました。

交通費:~約120ドル(~約1万円)

 

娯楽・交際費:友人とカフェや夜遊び、週末のお出かけetc

放課後や休みの日は、ショッピングをしたり友人とカフェや観光地に出かけたり、夜の街に遊びにでかけたりもしたいですよね。

友人の家でパーティーをしたり、公園にある公共のBBQスペースでお肉や野菜を焼いたりと、オーストラリアでは友人や家族たちが集まる機会がとても多いです。

ぜひ、友達から誘われたら気軽に足を運んでみましょう!

日本とは違ったオーストラリアならではの生活の楽しみ方を経験しましょうね♪

交際費:約100ドル~ (約1万円~制限なし!)

 

最初の1カ月でかかる生活費合計は?

これまでのそれぞれの生活費をまとめてみると

  • 家賃:
    ホームステイの    :約1300~1900ドル(約9万8000~14万3000円)
    バッパー+シェアハウス :約500~700ドル(約3万8000円~5万3000円)
  • 学費:約1440~1720ドル(約10万8000~12万9000円)
  • 食費:
    一カ月全食事外食:900ドル~ (約68000円~)
    自炊      :約300ドル~ (約2万3000円~)
    ホームステイ  :約60~200ドル(約5000~1万5000円)
  • 通信費 約30ドル~(約3000円~)
  • 交通費:~約120ドル(~約1万円)
  • 交際費:約100ドル~(約1万円~)

といった具合になりました。

これらを全部足して、語学学校通所有無と住む場所で大きく分けて大体の最低生活費を出してみましょう。

 

語学学校に通う場合

  • ホームステイの人:約3000ドル~(約23万円~)
  • バッパー→シェアハウスの人:約2500ドル~(約19万円~)

語学学校に通わない場合

  • ホームステイの人:約1500ドル~(約12万円~)
  • バッパー→シェアハウスの人:約1000ドル~(約8万円~)

いかがでしょうか?

最初の1カ月は、ホームステイ利用者の場合、空港までのお出迎え料金や手配料、シェアハウス探し前に泊まるバッパー代、語学学校の入学金など少しだけ臨時出費として多めのお金が出やすいかと思います。

翌月からはそれらの費用が掛からず節約のコツがつかめてくる一方で、生活に慣れてきて友人が増え交友関係が広がってもくるので、月日が経つにつれて外食費や交際費がよりかさんでくるのかなといった印象です。

もちろん、人によってはもっと安く抑えられたり、もっと高くなったりもしますので、一つの目安としてご参考にしてくださいね。

 

生活費用を節約する方法

さぁ。最初の1カ月でかかる生活費の目安はわかりましたね。

この金額を目安に約1年のあなたのワーホリ生活の予算を計算してみると…

足りない!!!

という方がほとんどかと思います。笑

大丈夫です。

私があなたのために、Happyでenjoyしながらも、節約できるところは節約するとっておきの方法をこっそり教えちゃいます。

 

教会の英会話教室やオージーの友人を作って学費を節約!

friends

先ほどの記事で学費は馬鹿にならないなぁと感じたあなた。

学費を抑えつつ英語力を上げたいなぁという方は

  • 教会の英会話教室に行く
  • オージーの友人を作って英会話力を高める

の2つの方法をオススメします。

私が以前2か月ほど住んでいた都市パースでは、月2回ほど教会で英会話教室を開いてくださっていました。

この英会話教室、なんと無料!!!

教会の慈善事業のようで、何回参加しても無料!!!

ありがとう。キリスト様。

また、オーストラリアの学校では第二言語として日本語を学ぶことが選択できることがあり、日本への興味関心はとても高いようで、パースでは日本に興味がある人たちが集まる交流会グループが定期的に開かれていました。

この交流会は、日本人と仲良くなりたいオージーと、オージーと仲良くなりたい日本人がざっくばらんに話したり食事をしたりできる場であり、仲良くなった人たちとはその後もホームパーティなどを繰り返したりし、自然と英語でのコミュニケーションが増える機会になりました。

高い金額を払って語学学校で学ぶことはもちろん身になりますが、それ以外の日常生活の場で英語を使ったり勉強する機会が増えることはオーストラリアで生活する上での英語でのコミュニケーション力を高めるためにはとても効果的で、なんといっても楽しい学習法ですよ。

一番手っ取り早いのは、英語圏の恋人をつくることだと思いますが。笑

 

ワーホリに必要な英語力や上達のコツについてはこちらの記事で詳しく紹介しておりますので、よろしければご参照くださいね。

english (3)
オーストラリアのワーホリに必要な英語力は?上達のコツも伝授オーストラリアの母国語は英語。 Can you speak English? と聞かれ、あなたはどれだけ胸を張ってYes!と...

 

自転車利用して交通費を節約!

bycicle

オーストラリアの都市部ではバスや電車等の公共交通機関が張り巡らされており、生活する上でとても便利です。

しかし、便利ではあるけれどもその分お金はかかる。。。

毎日利用するとなると、結構な金額になってきます。

もし、しばらくの間、一つの都市に在住しようかと考えていらっしゃる方は、節約のために自転車の利用がオススメ

どの都市も栄えている場所は比較的コンパクトにまとまっているため自転車でも行動できる範囲ですし、ワーホリ世代の若者なら自転車運動は体を鍛える方法としてもいいですよね。

シェアハウスによっては、使っていない自転車を貸してくれるところもありますし、Gumtreeなどで中古品を安く購入することができ、使わなくなれば出品することもできますので、トータルで考えれば大きく交通費を節約することができますよ。

 

オーペアをして生活費全体を節約!

childroom

それよりももっともっと生活費を節約したいんです!!というあなたには、オーペアがオススメ。

オーペアとは、家の仕事(赤ちゃんや子どもの面倒、掃除や洗濯などの家事等)を手伝う代わりに部屋代や食費を免除してくれるという、双方にとってメリットがある方法。

住み込みで家事手伝いをするというイメージ。

といっても、一日中拘束されるわけではないので、空いている時間は学校に通ったりバイトをしたり友達と遊んだりもできますし、オーストラリアの人たちの生活や文化を知ることができ、さらに家族とのコミュニケーションは英語ですので英語力を上げる為にもとっても役に立つでしょう。

しかも、家賃と食費が大きく節約できる!なんてお得なんだ!!

興味がある方は是非調べてみてくださいね。

 

まとめ

それでは今回の記事『オーストラリアのワーホリで最初の1カ月にかかる費用は?節約方法も!』のまとめです。

ワーホリで最初の1カ月にかかる生活費用は

  • 家賃や学費の選択で大きく変わってくるが、だいたい

生活費用を節約するオススメの方法は

  • 教会の英会話教室を利用する!
  • オージーの友人を作る!
  • 中古の自転車を使い倒す!
  • オーペアをする!

はじめの1カ月は、現地での生活に慣れるために必要な出費として、ある程度の出費は仕方がないのかなぁと感じます。

オーストラリアでの生活に徐々に慣れていくうちに、自分なりに節約できそうなところを工夫してみたり、足りない分を働いて稼いでみるという選択肢も出てきますね!

仕事をしてみると、よりオーストラリアの文化を知れたり、英語力だけでなく様々な面での自分のスキルが向上したり、大きな成長につながりますよ。

ワーホリでの仕事についてはこちらの記事にもまとめてみましたので、よろしければどうぞ。

仕事探し
オーストラリアで仕事を探すコツ!ワーホリ初心者にオススメの仕事は?初めてのワーキングホリデー。 初めてのオーストラリア。 ドキドキわくわくの気持ちを抱えてオーストラリアに降り立ったあなた。 ...

 

人生に1度しかないオーストラリアでのワーホリ生活!楽しまなきゃ損!

お金がなくて全然楽しめなかったなんてことがないように、出発前の今からコツコツと貯金しておきましょう!

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です