スポーツ

【東京五輪・聖火ランナー】愛知県の芸能人まとめ!ルートや時間も!

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに先立って行われる聖火リレー。

一般市民とともに、各地域に関係の深いスポーツ選手や芸能人たちもランナーとして発表されています!

愛知県からは約10名以上の芸人・アイドル・スポーツ選手が選出されてます!

あなたの街を走る有名人の姿を間近で見れるチャンスです♡

というわけで、愛知県で聖火ランナーとなった著名人の日程やルートなど詳細をお伝えしていきます!

※有名人の聖火ランナー全国一覧こちら

東京五輪・聖火リレー|愛知県の芸能人・有名人ランナー

オリンピック聖火リレーで愛知県を走るのは

2020年4月6日(月)~4月7日(火)

の日程で開催されます!

 

引用:神奈川県

 

愛知県の有名人・芸能人ランナー

それでは早速、大阪府を走る著名人ランナー達の日程をまとめてみました!

 

名前 肩書 日時 場所
天野浩 工学博士 4/6(月)
藤井聡太 将棋
楢崎正剛 サッカー
田村淳
(ロンドンブーツ)
お笑い芸人
宇野昌麿 フィギュアスケート 4/7(火)
鈴木明子 フィギュアスケート
赤星憲広 野球
天野ひろゆき お笑い芸人
オカダ・カズチカ プロレス
佐野勇斗 俳優
平野泰新 タレント
松井玲奈 女優

場所等の詳細は、発表され次第、情報追記いたします!

その他、愛知県の聖火ランナーに選出された方一覧はこちらのページをご参照ください。

聖火ランナー|愛知県を走る芸能人のルート詳細~日程・時間~

では、聖火ランナーとして参加が決まっている著名人のみなさまの、日程や時間、ルートや場所などを人物別にお伝えしていきます!

※今わかっている範囲での詳細をお伝えいたします★

 

こちらが愛知県全体のルート地図です。

引用:東京2020オリンピック聖火リレー愛知県実行委員会

一日目:4/6(月)

セレブレーション:名古屋城 二の丸広場

  1. 瀬戸市(スタート)
  2. 名古屋市①
  3. 春日井市
  4. 犬山市
  5. 一宮市
  6. 稲沢市
  7. 名古屋市②
  8. 清須市
  9. 名古屋市③
  10. 名古屋市④(ゴール)

 

二日目:4/7(火)

セレブレーション:豊田スタジアム 西イベント広場

  1. 豊橋市(スタート)
  2. 半田市
  3. 豊川市
  4. 安城市
  5. 刈谷市
  6. 岡崎市
  7. 大府市
  8. 豊田市①
  9. 豊田市②(ゴール)

 

※実施市町と順番は、変更となる可能性があります。

 

天野浩

 

この投稿をInstagramで見る

 

一般社団法人 浜松みりょく研究会(@hamamatsumiryoku)がシェアした投稿

開催日:2020年4月6日(月)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

私は、自らの研究を通じて人の役に立つことを目標とし、人々に貢献することを大切にしてきました。
元旦を除く364日、実験室に閉じこもって研究を続けました。実験は1500回以上にも上りましたが、絶対にあきらめませんでした。このように成功を信じ努力を続けることができたのも、恩師の赤﨑勇名古屋大学特別教授の励ましがあったからです。
私は科学者ですが、私の青色発光ダイオード発明への成功への過程は、スポーツにも通じるものがあると思います。今回、日々の研究の積み重ねが、オリンピック・パラリンピックに携わる機会に結び付いたので、何事にもあきらめず努力してほしいことを、また努力をしている人へあたたかなサポートをしてほしいことを、この聖火リレーを通じて、社会そして人々に伝えたいと思っています。

 

 

藤井聡太(ふじいそうた)

 

この投稿をInstagramで見る

 

有田優太(@ay_971011_official)がシェアした投稿

開催日:2020年4月6日(月)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

今回、東京2020オリンピックの聖火リレーコースに瀬戸市が選ばれ、愛知県コースの出発地となる事につきましてとても喜ばしく思っております。
瀬戸市で暮らしながらプロ棋士として対局を重ねる私にとって、地元の方々のご声援、ご支援はありがたく、大きな力となっております。
今回、いつも応援してくださる地元の皆さまに笑顔が届けられるよう、聖火ランナーの一員として自分らしく精一杯走りたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

 

楢崎正剛(ならざきせいごう)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seigo Narazaki(@narazaki.csf)がシェアした投稿

開催日:2020年4月6日(月)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

名古屋グランパスでの20年間、プロサッカー選手として私は多くの方々に支えられてきました。パロマ瑞穂スタジアムでの大声援はいつ、どんなときも私を後押ししてくれ、名古屋の街とともに過ごした現役生活は何物にも代えがたい素晴らしい時間でした。
引退後、名古屋グランパスのクラブスペシャルフェローとして、次世代のゴールキーパー育成のために育成チームの指導に携わるとともに、地域のイベントに参加する中で多くの子どもたちと接する機会がありました。未来ある子どもたちは大きな可能性に満ちています。東京2020オリンピックは彼らにとって大きな希望となり、胸に深く刻まれる大会になることでしょう。
日本の子どもたちにとって東京2020オリンピックが夢や希望をいだく大きなきっかけとなり、子どもたちの成長がレガシーとなることを祈念するとともに、名古屋の皆様への感謝の気持ちをこめて聖火ランナーとして走りきりたいと思います。

 

田村淳

 

開催日:2020年4月6日(月)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

東京2020オリンピックが開催される2020年は、犬山観光特使に就任してからちょうど10年の節目にあたります。“犬山城は全国の城郭の中で最も好きな城”、“犬山を盛り上げよう”、“犬山城を日本一、お客が来る城にしたい”という想いから活動を続けて10年がたちます。
56年ぶりに開催される東京オリンピックの聖火リレーに聖火ランナーとして参加することは、犬山城とオリンピックのどちらも盛り上げることのできる絶好の機会です。
聖火ランナーとして参加し、犬山市の聖火リレーがいろいろなところで発信されることで、大きな城ではなくてもオーラを感じる『国宝 犬山城』の魅力を、全国・海外の多くの人に伝えたいと思います。

 

宇野昌麿(うのしょうま)

 

この投稿をInstagramで見る

 

sachiko(@sm3512295)がシェアした投稿

開催日:2020年4月7日(火)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

5歳の時に初めて出会い、氷の上を音楽と共に滑る不思議な感覚と魅力からフィギュアスケートというスポーツに夢中になりました。
両親は小さい頃から入退院を繰り返していた僕を、少しでも強く育つようにと多くのスポーツを経験させてくれました。アスリートとしては恵まれた体格ではありませんが、負けん気と努力と忍耐の能力は恵まれていた様に思います。身体の成長が遅く、上手くいかない時期も長かったですが、それでも我慢と努力をポジティブに捉えて「必ずできる!」と思い続け、その成果が2018年平昌オリンピックで銀メダル獲得という結果に繋がったと思います。
聖火ランナーとして走ることで、この思いを様々な夢に向かって頑張っている人達に伝えられればと思います。そして、これまで僕を支えくれた家族、関係者、そしてファンの皆さまに、感謝の気持ちを伝えたいです。

 

 

鈴木明子

 

開催日:2020年4月7日(火)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

私は豊橋市で生まれ育ち、6歳の時にフィギュアスケートを始めました。大学卒業後は、名古屋市のリンクを練習拠点として活動してきました。10代後半には摂食障害を患い、医師から「トップレベルでの競技復帰は不可能」と言われるほど体調を崩して、試合にも出られない、とても苦しい時期を経験しました。でも、周りの人に支えられながら、決して諦めないという強い気持ちをもって1年で復帰することができ、2012年の世界選手権での銅メダル獲得、2010年バンクーバー五輪、2014年ソチ五輪での入賞へとつなぐことができました。
私が聖火ランナーとして走ることで、大きな困難に直面しても、諦めずに頑張れば必ず克服できるということを、将来の夢に向かって頑張る子どもたちを始め、様々なことに挑戦している方々に伝えたいです。そして、これまで私を応援し、支えてくださった地元愛知・豊橋の皆さん、全国の皆さんに、感謝の気持ちを伝えたいです。

 

赤星憲広

 

この投稿をInstagramで見る

 

山片藻絵(やまがたもえ)(@yamagata.moe)がシェアした投稿

開催日:2020年4月7日(火)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

東京2020オリンピックに聖火ランナーとして、携わることができるのであれば、大変光栄に思います。
幼少期から現在まで野球やスポーツに打ち込み向き合ってきた私にとって、また、スポーツを愛する者にとって、オリンピックは特別な大会の一つです。オリンピック経験者として、選手、応援する人、支える人、みんなの大会である東京2020オリンピックを、それぞれの形で肌に心に感じ、それを未来へ繋げていって欲しいと強く想います。
その実現に向けて、私のスポーツ人生の原点である地元刈谷・愛知からオリンピックのシンボルである神聖な聖火に、みんなの想いに私の想いを込め、沿道で応援参加される皆さんに伝え、東京2020オリンピックへの関心と期待を呼び起こすとともに、皆さんの想いも聖火に受けてまた、その想いを繋げていくことで、聖火リレーと東京2020オリンピックを盛り上げる役目を果たしたいと考えております。

 

天野ひろゆき(キャイ~ン)

 

開催日:2020年4月7日(火)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

私は現在東京都に住んでいますが、今でも、生まれ育った愛知県岡崎市にはとても愛着があります。高校を卒業するまでを岡崎市で過ごしましたが、住んでいた当時は何もない街だと思っていました。しかし、地元を離れてみると、岡崎市には、城、花火、味噌、石材など多くの魅力的な日本文化があり、他にはない世界で唯一の街であると思うようになりました。この魅力をぜひ住んでいる方たちにも感じていただき、岡崎市に愛着と誇りをもって過ごしてほしいと思います。
聖火リレーはそのきっかけになる可能性があると考えます。コースとなっている岡崎公園は、徳川家康が誕生した岡崎城があり、岡崎公園の桜は、日本さくら名所100選に選ばれるなど全国的にも知名度が高いです。聖火リレーを通じてこの素晴らしい景観をより多くの市民に見ていただき、「岡崎に生まれてよかった」と思ってもらえるよう努めます。

 

オカダ・カズチカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

オカダ・カズチカ(@rainmakerxokada)がシェアした投稿

開催日:2020年4月7日(火)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

安城市は僕が生まれ育った故郷です。中学までをほぼ安城市で過ごし、現在も実家は変わらぬ場所にあります。学生時代の部活動では野球や陸上に励んでいました。そんな中に出会ったプロレスには非常に惹かれるものがあり、テレビ中継を観たり、会場に足を運んだり、中学生ながらに情報を集めていく中で、決心したことは「プロレスがやりたい。」
中学卒業後、単身、プロレス学校へ入門し、修行のためメキシコへ行きました。自分で決めて選んだ道とはいえ、練習メニューも環境も、かなり厳しいものでしたが、決してあきらめる気持ちにはなりませんでした。それは、両親をはじめとする多くの方に支えてもらえたからだと感謝しています。「人事を尽くして天命を待つ」を自分の信条として、これまでプロレスに邁進してまいりました。
今回、安城市のオリンピック聖火ランナーを務めさせていただくことで、これまで応援してくださった故郷の子どもたちや市民の皆さんに、勇気と元気と笑顔が届けられるよう、精一杯走らせていただきたいと思います。

 

佐野勇人(さのはやと)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@__gonpiがシェアした投稿

開催日:2020年4月7日(火)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

私は、聖火リレーを通して、地元である愛知県岡崎市の魅力を世界へ発信するとともに、岡崎市に住む方に「岡崎に生まれてよかった」と感じてもらえる機会にするよう努めます。私は現在、地元である岡崎市を離れて暮らしていますが、地元に帰り、歴史と日本らしさを感じる岡崎の景観を見ると、いつも誇らしい気持ちになります。また岡崎を離れ、数年たった今でも、地元へ帰ると、家族や友人、地域の方がいつでも温かく迎えてくれます。
聖火リレーでは、岡崎公園の桜と岡崎城を背景に聖火が繋がれていく様子を見ていただき、私と同じように、多くの市民の方に岡崎が持つ独自の景観を誇りに感じてほしいです。そして、多くの市民が慣れ親しんだ場所を、岡崎観光伝道師である私が走ることで、聖火リレーを市民の方が一体となって見られるイベントにし、見に来た方が岡崎の人が持つ温かさに触れられる機会にできればと思います。

 

平野泰新(ひらのたいしん)

 

この投稿をInstagramで見る

 

愛知県半田市公式アカウント(@handa_city)がシェアした投稿

開催日:2020年4月7日(火)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

私は、半田市で生まれ育ちました。高校時代は半田市を離れることになりましたが、現在は半田市へ戻り、タレント「MAG!C☆PRINCE」として活動しています。平成31年4月に半田市長から「半田市PR大使」として任命を受け、テレビ出演や日常生活を通じて、多くの方にまちの魅力を伝えられるようPR活動に奮闘しているところです。
私は高校時代、青森山田高校で男子新体操部のキャプテンを務め、全国高等学校総合体育大会で優勝することができました。新体操の団体競技での統一感溢れるダイナミックな演技は、個人ひとり一人の努力が調和することにより得られるものだと思います。
オリンピズムの目的である「人間の尊厳保持に重きを置いた平和な社会の推進」も、ひとり一人が努力し、意識しなければ実現できません。
ぜひともこのオリンピズムを象徴する聖火リレーに参加し、オリンピック・ムーブメントの推進に少しでも貢献させていただきたいと考えています。

 

松井玲奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

松井玲奈(@renamatui27)がシェアした投稿

開催日:2020年4月7日(火)

時間:

ルート:

自己PR・応募動機

全世界が注目する東京2020オリンピック大会開催まで1年をきり、出場選手決定の報道も流れる中、オリンピックのシンボルであるオリンピック聖火が56年振りに地元豊橋市を通過するとのニュースを聞き、是非豊橋でランナーをやりたいと思いました。
地元のPR・知名度向上につながればと「豊橋ふるさと大使」や「豊橋カレーうどん大使」、「ええじゃないかとよはし映画祭アンバサダー」に就任し、活動させていただいております。この聖火リレーが皆様の記憶に残り、子どもたちに夢や希望を与えられるものとなるようにしっかり盛り上げていきたいと思います。
さらに、今回の東京2020オリンピックは復興五輪とも言われ、聖火リレーも2020年春放送予定の連続テレビ小説「エール」で豊橋と繋がっている福島から始まります。自分がランナーを務めることで誰かの希望となり、応援をいただいている方々への恩返しになればと思います。

 

まとめ

2日間の日程で開催される愛知県聖火リレー。

各界の著名人が幅広く参加され、才能豊かな人たちが集まる県なのだなぁと感じます。

名古屋城でのセレモニーもちょいと気になるし…

待ち遠しいです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です