人物

吉田昭夫(イオン)の経歴や学歴まとめ!新社長就任の魅力とは?

日本の最大手スーパー・小売業のイオンが23年ぶりに社長交代!

イオン創業家出身の岡田元也社長は会長に就任され、現副社長の吉田昭夫さんが2020年3月1日付けで社長に就任が発表されました。

そこで、吉田昭夫さんについて、これまでどんな学歴・経歴を歩んできたのか、調べてみましたのでわかりやすくお伝えいたしますー!

吉田昭夫(新イオン社長)のwikiプロフィール

名前(読み方) 吉田昭夫
(よしだあきお)
Akio Yoshida
生年月日(年齢) 1960年5月26日(60歳)
出身地
血液型
好きなもの
趣味/特技 ウォーキング/

社長に就任されたばかりで、プロフィール情報は数少ないですね!

 

その中でも趣味がウォーキングとは、さわやかな趣味だな。

よく、社長や起業家など、突き抜けている人は「心や体のケア」も入念に行うとお聞きしますが、ウォーキングは心にも身体にも最高の効果があるといわれています。

歩きながら会話をすると、前向きな思考になりやすいとか。

ステキや~♪

吉田昭夫の学歴~中学・高校・大学~

出身中学:非公表

出身高校:非公表

出身大学:非公表

調べてみましたが、出身中学・高校・大学ともに有益な情報は得られませんでした。

社長に就任することで、おそらく今後公表されるのではないかと考えられます。

 

経歴でもお話しますが、吉田昭夫さんがイオンに入社したのは23歳ころのようですので、おそらくどこかの大学に入学され、卒業後すぐにイオン入社となったのではと推測できます。

終身雇用しているってことですね。

すごいなぁ。

元社長(岡田元也さん)の大学は?

ちなみに、今回、吉田さんに社長の座をゆずり会長に就任することになる岡田元也さんは、早稲田大学出身。

早稲田大学といえば日本のトップレベルの大学。

 

吉田昭夫(新イオン社長)の経歴

とっても簡単に述べますと

  1. 37年前に、ジャスコ(イオン)に入社
  2. 着々と日本国内で地位を積み上げ
  3. 国際部門に移って中国を中心に活躍し
  4. イオンのトップの地位に就いた

といった流れ。

 

37年前というと、吉田昭夫新社長が23歳の頃。

おそらく、大学卒業してすぐイオン(当時ジャスコ)に入職され、その後約40年間イオンで経験を費やしてきたのですね。

 

現代は終身雇用制度は崩壊してきているといわれていますが、吉田新社長のように数十年にもわたって務めあげ結果を残すという姿勢も、かっこいいですよね。

吉田社長の経歴の特徴

調べてみて感じた特徴は2つ

  1. 国際事業(中国)
  2. ディベロッパー事業

この2つに関わってこられているということですね。

 

イオンといえば日本ではトップレベルの大手スーパー。

小型店から大型ショッピングセンターまで、幅広く手掛けている会社ですよね。

 

その中で、デジタル化していく時代の最先端をいく取り組みを国内外から取り入れてきている事業に関わってきているのが吉田昭夫社長。

例えば、

  • 新たなネットスーパー事業開始(イギリスの最大手ネットスーパーと提携)
  • AI(人工知能)を活用した次世代型店舗の開発

といった、デジタル技術を活用した新しいビジネスモデルを構築することに力を入れて取り組んでこられています。

 

今じゃ、私たちが生活する中に、なくてはならない小売業。

便利で有益なスーパーとなるよう、様々な工夫をしてきてくださっているのですね。

 

吉田昭夫さんが社長に就任することで、経営者の若返りを図り、事業モデルの転換が狙いだといわれています。

 

23年間も岡田元也社長が務めあげたというイオンの歴史が、がらりと変わることになりそうですね!

株価もどのように変わっていくのか……気になるところだな。

吉田昭夫さんの略歴

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です