人物

矢野良子(バスケ)の経歴がやばい!出身高校や家族・結婚についても!

みなさん、こんにちは!

今回は、3×3バスケで日本代表である矢野良子選手について。

3×3バスケといえば、2020年東京五輪で初の公式種目となり、今注目を浴びていますね!

8/17(土)の嵐にしやがれでは、嵐のメンバーとバスケ対決をするようで、めちゃくちゃかっこいいプレーが見られそうな予感…!!

そこで今回は『矢野良子(バスケ)の経歴がやばい!出身高校や家族・結婚についても!』ということで、めちゃくちゃかっこよくって熱い矢野良子選手について、たっぷりとご紹介いたします♪

みなさん、私の熱さに、圧倒されないでくださいね。笑

※記事が長文化しておりますので、読みたい内容がありましたら目次をクリックして先にお進みくださいませ^^

矢野良子選手(3×3バスケ)の経歴がすごすぎる!

それでは早速矢野選手の経歴紹介です
めっちゃすごいんで。覚悟しておいてください。笑

矢野良子選手がバスケを始めたのは、小学校4年生の頃

先にバスケをしていた2人の姉に影響され、軽い気持ちでクラブ活動として開始。

その当時はこんなにも長くバスケを続けるつもりはなかったようです。笑

 

高校は徳島県の名門バスケ部である県立城北高等学校入学。

1996年(高校三年生?)でU-18日本代表選出され、この際はU-18アジア選手権で準優勝!

翌年U-19世界選手権にも出場されています。

高校時代すでに日本代表として活躍されていた矢野選手は、高校卒業後、2番目の姉が所属していた実業団チーム『ジャパンエナジー(現JX-ENEOS)』に加入されます。

 

実業団に入る際も、わりと気軽に飛び込んだようです。笑
フットワークの軽さというか、勢いで自分がやりたいことに飛び込める姿は、この頃からあったのですね。

 

 

実業団では、1日500本シュートを入れるシュート練習(打ち込み)など、高校とは比べ物にならないくらいハードな練習量・内容に必死だったようですが、最初は3~4時間かかっていた打ち込みも経験を積むことで30分程で終わるようになるなど、日々練習の丹念が今に結び付いているようです。

この一日500本シュート、なんと3Pだけですって。笑
バスケを少しでもしたことある人ならわかりますよね。
このすごさ。

考えただけで恐ろしすぎます…!!

 

想像以上の厳しさに、「この世界が間違いだったのでは?」と毎日練習後に「やめたい」と思いながらひそひそ泣いていた時期もあったようですが、次の日の朝には気持ちを切り替えてまた練習!

休日にショッピングに行くことを唯一の気晴らしに、入団から最初の2年間はかなり厳しく育てられたようです。

寝ている時間以外常に練習!
他の選手よりも練習量をこなし、ご自身でも『ありえない時代を過ごしてきた』と話されています。

 

ジャパンエナジーで共にプレーしていたエース荻原美樹子選手がWNBA移籍した後より、矢野良子選手はチームのエースとして活躍!

ここから驚異の活躍歴が始まります!!!!!

Wリーグ優勝4回オールジャパン優勝6回に貢献、2003-04シーズンWリーグプレーオフMVPも受賞!

この時期より女子バスケ日本代表選手としても活躍されはじめ、2001年バスケットボール女子日本代表に初選出され、アジア選手権で準優勝、2002年世界選手権に出場

2004年1月に仙台で行われたアジア選手権兼アテネオリンピック予選での準決勝(韓国戦)では34得点を挙げ、逆転勝利の決めて選手となり、オリンピック出場権を獲得に貢献されます!

もちろん、当時25歳の矢野良子選手はアテネ五輪の日本代表メンバーとして出場され、2005年アジア選手権にも出場されいます。

経歴がすごすぎて、よくわからないみなさん、すいません。笑
とりあえず、めちゃくちゃ活躍されているってことです。笑

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

RBC東京さん(@rbctokyo)がシェアした投稿

オリンピック出場の翌年、富士通レッドウェーブに移籍。

移籍後すぐの2006年第72回オールジャパンでチーム初優勝に貢献し、その後3連覇達成!

2006-07シーズンではWリーグレギュラーシーズンMVP獲得

2007-08 プレーオフでJOMO(ジャパンエナジー)に勝利し、チーム初のリーグ優勝を達成!チームでのWリーグプレーオフMVPは史上初MVP獲得!

女子バスケ界を知らない人には少々わかりにくいのですが
これって、めちゃくちゃすごいことなのです!

実は、女子の実業団バスケでは、常にシャンソン化粧品とJOMO(以前矢野選手が所属していたチーム)の2チームがトップを譲らず、争っている2強時代が長く続いていました。

しかし、矢野選手が富士通に移籍されてから、そのトップ争いに富士通が参入し、優勝!!!もちろん他の選手・監督の力も大きいですよ!!

というわけで、これまでの経歴を評価され、2008年、所属していた富士通レッドウェーブとプロ契約締結

実は、この『プロ契約』ということもまためちゃくちゃすごい事。

女子バスケットボール界において、プロ契約ってとても稀なんです。

今でさえ、Bリーグとして男子バスケットボールはプロ化し、全国的にも注目を集め、今後の展開に期待されていますが、女子はなかなか注目されない現状。。。

そんな中、富士通とプロ契約を交わした矢野良子選手は、先述したレジェンド大神選手に次ぎ2番目の快挙なのです。

かっこよすぎます!!!!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

クロサイMKさん(@saipranmk)がシェアした投稿

2008年北京オリンピック世界最終予選まで行った際も日本代表となっており、2008-09シーズン終了後に富士通を退団し、トヨタ自動車アンテロープに移籍

移籍後すぐのシーズンで1位となり、MVP獲得

2013年第79回オールジャパンではトヨタの初優勝に貢献

矢野良子選手が移籍すると、そのチームが強くなっている感じがする。
勝利の女神なのか。。。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rexaktさん(@rexakt)がシェアした投稿

これまで実業団のバスケットボールチームで活躍してきましたが、2017年にトヨタを退団し、現在活躍されている3×3バスケに転向されます。

転向してすぐ、FIBA3×3女子ワールドカップ2017にて日本代表に選出!

そりゃそうですよね。日本の女子バスケのトップを走ってきた方ですから。

そして現在2019シーズンは BEEFMAN.EXEの選手として契約されており、日本代表にもなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 6月23日は「オリンピックデー」。元バスケ女子日本代表・矢野良子さんの、オリンピックと「3×3」にかける情熱。 . かつてバスケ女子日本代表選手として2004年アテネオリンピックに出場した矢野良子さんは、現在、新種目の3人制バスケ「3×3(スリーバイスリー)」で東京オリンピック出場を目指し、自ら立ち上げた新リーグを運営しながら競技の普及活動にも力を注いでいます。6月23日のIOC(国際オリンピック委員会)創設を記念した「オリンピックデー」にちなんで、そんな彼女の東京オリンピックとバスケにかける誰よりも熱い思いに迫ります。 . 続きはプロフィールのURLよりご覧頂けます。 . #ヒトとモノとウツワ
#unitedarrowsltd
#unitedarrows
#ユナイテッドアローズ
#バスケットボール
#basketball
#3×3
#3W
#矢野良子
#uacsr_utsuwa_46

HITOTOMONOTOUTSUWA_UALTDさん(@hitotomonotoutsuwa_ualtd)がシェアした投稿 –

現在は東京オリンピックで新種目として確立された3×3バスケを日本に広め、日本が出場権を獲得するべく、選手としてだけでなく運営側としても走り回っているという矢野選手。

なんと自らが「3W(トリプルダブル)」を設立し、日本が出場権を獲得するためのポイントゲットのために奮闘中なんだとか。

自身も東京オリンピック出場ができてもできなくても2020年にバスケ引退すると秒読みをされており、来年の東京オリンピック出場に向けて、人生をかけて勝負していらっしゃいます!!

2度目のオリンピック出場を強く意識し、ここまで行動を続ける矢野選手。
オリンピックの存在って相当大きいものなのですね。

40歳になってもなお、オリンピック出場に向けて、彼女自身ができることを最大限に模索されている姿、同じ女性として、尊敬でしかありません!

かっこよすぎます!

資金集めにも難航されていて、スポンサー募集したり、クラウドファンディングを検討したりもしているようなので、是非、日本のオリンピック出場に向けて、3×3バスケの発展に向けて、矢野良子選手の活躍に向けて、応援したいです!!

応援しましょう!!!!!

 

矢野良子選手(3×3バスケ)のプロフィール・出身高校

プロフィール

生年月日:1978年12月20日

年齢:40歳(2019年8月現在)

血液型:B型

出身地:徳島県

出身高校:徳島県立城北高等学校

身長:178cm

体重:74kg

ポジション:フォワード

ニックネーム:リョウ

好きな歌手:EXILE(チャレンジソングは砂時計♪)

好きな食べ物:鶏肉

苦手な食べ物:セロリ・パクチー

矢野良子選手は、徳島県出身。

もう40歳になるとは思えないくらいパワフルな女性で、バスケ歴が人生の2/3以上!!!

女性としては身長178cmってめちゃくちゃ大きい気がしますが、女子バスケプレヤーとしてはそうでもない方。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoko Yano 矢野 良子さん(@ryo_yano12)がシェアした投稿

身長の小さい女子バスケットボールプレーヤーと言えば、大神雄子選手もいますね。

彼女は170cmと矢野良子選手よりも8cmも低いにもかかわらず、彼女がコートに立つだけでチーム色が変わる男性並みのパワフルなプレーに、当時中学生だった私はかっこよすぎて惚れておりました。あぁ懐かしい…

そんなレジェンド大神雄子選手は2018年に現役引退を発表。
1982年生まれなので、35歳位で引退ということ。

しかし、矢野良子選手はWリーグ20シーズンプレー=20年以上実業団でプレーされ、3×3バスケに転向して今も現役!日本代表!!

そう考えると、矢野良子選手ってめちゃくちゃすごいっす!!!

矢野良子選手3×3バスケ)の家族構成は?ご結婚してる?

さて。矢野良子選手のご家族についてです。

これまで、かなり熱く経歴について語ってきたのですが、矢野選手のバスケ人生においてご家族の存在は大きかったに違いありません。

これまで、あまりご家族について語られていることはないのですが、はっきりとわかっていることは

  • 3姉妹の一番下
  • 姉2人ともバスケをしていた
  • 次姉(矢野優子さん)は実業団でプレーしていた

ということ。

 

次姉の矢野優子選手も、実はかなり有名なプレーヤー。

というのも、矢野良子選手と共に姉妹プレーヤーとしてかなり活躍されていました。

最初にジャパンエナジーで一緒にプレーしていたあと、一度別々のチームになりますが、2006年に優子選手が富士通に移籍したことで、再び姉妹プレー!

姉妹揃って富士通のオールジャパン連覇や、Wリーグ初優勝に貢献し、2チームでのWリーグ制覇は妹良子と共に史上初のことらしい。

どんだけすごいんだろう。この人たち。。。

ちなみに優子選手は2012年に選手引退されています。

 

さて。話は戻しまして、矢野良子選手は結婚しているのかどうか…

気になるところですね。

結論から申し上げますと、

結婚はしていないが、結婚したい気持ちはあった

ようです。

すいません。はっきりしなくて。

いろいろ調べてみたのですが、矢野良子選手の結婚情報は全然見つかりませんでした。

 

なぜかネットで検索していると『矢野良子 結婚 前川』というキーワードが出てくるんですが、たぶんバスケの矢野良子選手とは関係ない…はず。

 

これほどバスケットに情熱を注ぎ続けた人生を送られているのですから、恋愛に花を咲かす時間はなかなか取れなかったのかなぁと感じます。

ただ、一方で矢野良子選手ってバスケットコートを離れると、とても雰囲気が柔らかくってなんだか女の人らしいなぁとも感じますよね。

ショートカット女子が多いバスケ界でも、少数派のロングヘアですし。笑

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoyuki Hirotaさん(@ryzmkomazawa)がシェアした投稿

こういう私服姿の矢野選手は、かっこよさも出しながらも、女性らしさも感じませんか?

どこか安室奈美恵さんに似ているとも感じるのは私だけ…!?

どんな女性なのか、一度お会いしてみたいなぁ。
かっこよくて熱くてやさしい女性…
尊敬でしかない…

まとめ

それでは、今回は『矢野良子(バスケ)の経歴・出身高校は?家族構成や結婚についても!』ということで、現在3×3バスケの日本代表選手として、日本のオリンピック出場に奮闘されている矢野良子選手について調べてみました。

すごい人らしい

ということは以前から知っていたのですが、こんなにもすごい人だとは知らなかった私。

すいません。矢野選手。

ほんと、かっこいいです!

そして、日本女子が3×3で東京オリンピックに出場できることを、強く応援したい!と思いました。

 

それでは、今回もお読みいただきありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です