話題

ふたご座流星群2019|見える方角やピーク時間はいつからいつまで?

12月の夜。あなたの願いを流れ星に込めることができる…!!

毎年訪れるふたご座流星群が2019年もやってきます!

一番活発に活動しているといわれる『極大』は12/15(日)2~4時!

全方角から星が流れてくるようですよ♡

大切なあの人と、もしくはひとりでこっそりと、あなたの温かい願いを届けましょう!

ふたご座流星群の詳細はこの後の記事をどうぞ~!

ふたご座流星群2019|見える方角は?

方角:定まっていない

どこからでも見える!

ふたご座流星群とは、三大流星群の一つで、ほぼ毎年安定して観察することができる流れ星たち。

ふたご座α星付近を放射点(中心)として流れ星が見れます。

 

こちらの動画を見ていただくとわかるのですが、流れ星は空のあちこちに飛びます

ふたご座があるのは月がある方向なので、月から離れた方向の空を広く見るとよいでしょう。

それにしても、なんて美しい流れ星…

本物はもっと幻想的なのでしょうか…

大好きなあの人と見たら…♡

流星の数

1時間あたり20~30個といわれていますが、2019年は、残念ながら観測しづらく、条件が良くて1時間15~20個だと言われています。

なぜなら、月齢が満月に近く、月明かりが強いのです。

好条件がそろう年だと100個観測できることもあります!

ふたご座流星群2019|ピーク時間はいつからいつまで?

極大を迎えるといわれているのは、2019年12月15日(日)

時間帯によって、星の見える数が変わってきますので、ピーク時間をチェックしてからでかけましょう!

流星群の『極大』とは

流星群自体の活動が最も活発になること・またはその時期のこと

見え始める時間

【見え始める時間】

12/14(土)17時頃~

何時から見え始めるか、とは正確にはわかっていないようですが、ふたご座流星群の活動は行われているので、空が暗くなったら見ることができるといわれています。

北海道や東北、関東、名古屋、九州、沖縄などで日が暮れる時間帯は変わりますので、日の入り時刻は要チェックですね!

 

ちなみに、12/14(土)の日の入り時刻は

北海道 16:00
宮城 16:16
東京 16:28
大阪 16:48
福岡 17:11

となっていますので、
これらの時間の後に流星群を見ることができるようになります。

『ピークの時間まで起きているのが難しい』というそこのあなた!

夕食を食べ終わったら、こっそり空を眺めてみてはいかがでしょうか??

もしかしたら、ポロリと一つ落ちてくるかも…♡

 

ピークの時間

【観測ピークの時間】

12/15(日)2:00~4:00

観測ピーク時間は2~4時と予想されています。

普段ほとんどの人が寝ている時間…

先ほども書きましたが、2019年極大のピーク時には1時間あたり約15~20個の流れ星を見ることができる可能性があります。

つまり、3~4分に1つ願いごとが叶う!!

防寒対策をしっかりして、願いごとをかなえるのに備えましょうっ♡

ふたご座流星群が見終わる時間

【観測ピークの時間】

12/15(日)明け方

先ほども説明しました通り、空が暗い時間帯であれば、数の差こそあれ流星群が見れる可能性があります。

空が明るくなる時間といえば、日出時間が関係しますね。

12/15(日)の各地の日の出時刻は

北海道 6:58
宮城 6:45
東京 6:43
大阪 6:57
福岡 7:14

となっていますので、日の出時刻前には起床して、夜空を眺めてみたいですね!

まとめ

12/15(日)2~4時頃に極大を迎えるふたご座流星群。

1時間に15~20個は観測ができそうなので、是非外の明かりが入らない場所で、幻想的な夜空を眺めましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です