話題

新型コロナ|感染場所の特徴に満員電車が入らない?世間から非難殺到!

日に日に感染者が広がっていく新型肺炎コロナウイルス。

コロナの感染拡大を受けて、小中学校・高校は今日or明日からお休みに入るなど対策が進む中、政府が次に発表したのは「感染場所の特徴」

具体例も上がってますが、その中に

「満員電車」

という言葉が入ってこないことに、世間から非難殺到!

その背景や世間の口コミをまとめてみました!

新型コロナウイルス|感染場所の特徴を政府が発表

新型コロナウイルスが日本全国に広がってきています。

その中、政府対策本部の会合で、専門家による調査の結果「感染場所の特徴」を

【集団感染場所の特徴】

密閉空間など換気が悪く
人が密に集まって過ごすような場所

と発表され増田。

また、

  • 風通しの悪い空間
  • 人が至近距離で会話する環境をなるべく作らない

というイベントの実施方法の検討を求めており、2月26日以降2週間、全国のイベントが中止・延期となる事態が相次いでいます。

具体的な集団感染の環境

その中で政府は、これまで新型コロナウイルス の集団感染が起こった場所・状況も発表されており、

集団感染が実際に起きた場所・状況

  • スポーツジム
  • 屋形船
  • 雀荘
  • スキーのゲストハウス
  • 密閉された仮設テント

といった場所・状況を具体的に公表しています。

コロナ感染場所の特徴に「満員電車」が入らないのはおかしい!口コミまとめ

このニュースが安倍首相から発表された直後より、世間からはこういう声が多数聞こえています。

それは

「満員電車こそ集団感染する場所だよね?
入らないのおかしくない?」

そうです。満員電車

 

感染リスクを避けるために、これまですでにテレワークや時差出勤を求める要請を安倍首相があげていたにもかかわらず、今回の具体的な感染場所の特徴には入ってこない。

世間の声・口コミ

なぜ満員電車が入らないのか?

なぜ感染場所の特徴として満員電車が入らないのかしら?

口コミの意見をまとめてみると

  • 「満員電車」 と述べてしまうと企業からクレームが多発。
  • 実際に満員電車で集団感染したという具体的な事例が出てきていない。
  • 暗黙の了解。

現在の日本の社会からして、電車に乗らず全員が自宅で仕事をするというのは不可能なこと。

日本の経済を回すためには、朝や帰りの通勤ラッシュは免れません。

 

また、先日ニュースでも取り上げられましたが、自分が感染していても「感染している」と公表せずに仕事に行っている方もいると聞きます。

これは、新型肺炎に感染していることを公表することで、仕事が廻らず、職場自体も機能が止まってしまって損失が大きすぎるという負担を考えてのことの様子。

 

インフルエンザと同じく、新型コロナウイルスも満員電車や会議室など、私たちの仕事場での感染リスクがめちゃくちゃ高いんだろうけど、声を大にしては言えない大人の事情があるのかね。

安倍さん。がんばれ。

まとめ

政府がマスクを買い占めて配布するというニュースも出て、国として本格的に動き出している今。

私たち自身が感染しないために自分で自分を守りたいところです。



【平日13時まで即日出荷】大人(ふつうサイズ10枚セット)小さめサイズ 幼児 子供 高性能フィルター ウイルス飛沫99%カット 業務用 外装なし 3層式不織布マスク使い捨て マスク 小さめ 女性

除菌スプレー コロナウイルス 300ml ウイルス除去 除菌 ノンアルコール ウイルス コロナ 除菌グッズ 除去スプレー 消臭 強力除菌 感染予防 日本製 バイバイキーン NEW

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です